2017年3月11日土曜日

被災6年目 祈りの日

3月11日、東日本大震災から6年目の今日は、大阪から「大阪堺市民ネット」の皆さん9人と共に、平成24年11月に大阪の元気人間製造研究所(森重子理事長)の事務局長中西保裕氏(彫刻家)が作成したお地蔵様、そのお地蔵様へ中尊寺様が台座や上屋を建設しました、陸前高田市小友町茗荷の「小友地蔵尊」へ。中尊寺から破石和尚様らの法要へ参列しました。
大震災の犠牲者への法要

法要終了後大阪の皆さんが記念写真
小友地蔵尊の近くに高田松原へ植える松の苗木畑見学 今年から植えはじめます


大阪の皆さんは3月10日に早朝大阪を出発し仙台空港、平泉中尊寺を見学後陸前高田市へ、奇跡の一本松を見学、その後旧道の駅タッピクの祈りの場、大船渡市へ移動し、JR大船渡駅前にて中心市街地の復興状況を視察、三鉄盛駅と蔵ハウスのお地蔵様を回って宿泊先の大船渡温泉へ
奇跡の一本松、写真横になってしまいました
三鉄盛駅前で記念写真

盛町の蔵ハウスに設置のお地蔵様へ
地元の夢ネット大船渡関係者も参加し交流

美味しいご馳走です

3月10日の午前中は、夢ネット大船渡事務所で復興ニュース合本号の発送作業を行いました。165冊を発送しました。
6人で2時間かかりました

軽トラも重量制限?
近くは13日から手渡しで届けることにしています




2017年3月1日水曜日

お雛様飾り 手芸品を展示

3月1日午後、陸前高田市竹駒町の滝の里仮設住宅集会所(小野田高志自治会長)で、NPO法人夢ネット大船渡が1年間行って参りました「手芸講習」で作った手芸品、吊るし雛を飾りました。参加者17人の吊るし雛が会場いっぱいに飾った作品を見て、「続けて来てよかった」とみんなニコニコ顔です。
お雛様を中心に吊るし雛を飾っていました。

 小野田自治会長も話し合いに参加し、これまでの吊るし雛つくりの話し合っていました。
参加者の最高年齢者の村上チカ子さん(88才)は、「皆に励まされて作ってこれた本当にありがたい」と、この1年間の手芸講習の思い出を語り、全員完成し飾ることが出来てよかったと仲間意識最高でした。

滝の里仮設住宅には、気仙町の方々が多く、防災集団移転で我が家に入居できるのはあと2年もかかるのではと語り、手芸講習が4月からも続けて欲しいとの要望もありました。

2017年2月19日日曜日

夢ネット一週間

★今週も仮設住宅や災害公営住宅で「手芸講習」を開催しました。
陸前高田市の手芸講習指導者2名
陸前高田市・住田町へは2名、夢ネット大船渡事務所で準備作業です。3月のひな祭りへ「吊るし雛」つくりにこの1年間毎月ひとつずつ作って最終段階です。

こちらは大船渡市内へ5人で指導をしています。働く婦人の家で準備作業中です

★復興ニュース合本号作成へ、投稿記事も〆切、印刷所へデータを持ち込みました。
合本号の表紙(案)です。ページ数は734ページと大冊となります。完成は3月1日を予定していますが、3月1日付発行の復興ニュースも含めることにしましたので、若干遅れるかも知れません。

★マジックの研修と披露をしました。
2月16日は住田町の下有住公民館で、地元のお茶っこ会での披露でした。マジック会員3人が得意とするマジックを披露し、よろこんで頂きました。終わってからお茶っこ会へ呼ばれ、楽しい話をしてまいりました。
また、2月17日は毎月のマジック研修会、今月は会員がお互いに教え合う研修会でした。

★2月18日は三鉄駅からウォークでした。今月は盛駅から乗車し、甫嶺駅下車して三陸駅まで約5㌔のウォーキングです。17名の参加者、寒かったが太陽も照り、濃くなった海・水平線や森林、咲き出した椿の花を見、さらに復興事業を見ながらの楽しいウォーキングでした。
美林の道を進む

日当たりのよい場所では椿も咲いていました

三陸駅前での記念写真






2017年1月24日火曜日

復興ニュース合本号発行

被災直後の平成23年4月から発行して参りました「復興ニュース」、平成28年12月で152号まで発行し、被災地の支援活動を記録しています。誠に申し訳ありませんが発行費約80万円を、全国の皆様へ募金をお願いしています。一口2,000円以上の募金者へ合本号を贈ることにしています。このことが1月21日の地元新聞「東海新報」の記事に掲載して頂きました。
いま復興ニュース2月1日付発行(第154号)の編集作業を行っています。今日は被災者の生きがい支援の「手芸講習」の準備作業が行われましたので、写真を紹介します。
上の写真は、JPFからの助成金で陸前高田市内を担当している2名の職員が、準備作業を行っているところです。於:夢ネット大船渡事務所
こちらの写真は、復興庁の助成による大船渡市内の手芸指導を行っている方々です。
於:働く婦人の家

それから1月22日には、認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウによる「無料法律相談」が、三鉄盛駅(夢ネット大船渡運営)で行われた際の写真です。
池田税理士・吉田弁護士・岩城夢ネット大船渡理事長です





2016年12月16日金曜日

復興ニュース合本号発行 ご寄付のお願い

東日本大震災直後から発行して参りました「復興ニュース」、震災から5年9カ月間に152号まで発行し、被災直後の状況、全国からの支援状況、地元NPOの活動など、被災地の記録記録が約600ページ(A4版)と、震災前の平成21年5月~25年5月までの市民活動団体の情報誌「みらい」を一緒にし、約700ページの大冊(合本号)を平成29年2月末に発行する予定で準備を開始しました。
★お願い
 資金があっての発行ではありません。これまでも大変お世話になり重ねてのお願いで恐縮ではありますが、全国や地元の皆様のご寄付によって発行することにしました。ご寄付一口2,000円以上のご寄付者には、合本号をお届いたします。
以上の企画書です。ご寄付者には、「支援当時の思い出や被災地への思い」を400字以内での投稿を受付し、合本号の資料として掲載いたします。
どうぞよろしくお願いします。


2016年12月12日月曜日

被災者支援手芸講習800回

平成28年12月12日、陸前高田市小友町西下団地で開催しました「手芸講習」が、平成24年4月から開催し、800回目の手芸講習となりました。陸前高田市の手芸講習はこれまでジャパン・プラットフォームからの助成を受けて開催して参りました。大船渡市は昨年度から復興庁の心の復興から助成をうけて開催し、これまでの参加者は約名を超えております。
先に実施しましたアンケートによれば、延べ参加者は6200名、年齢も70才代以上が約7割、その6割が通院中という高齢者対象の手芸講習であり、集会所へ集まって話し合い笑い合って楽しい時間を過す皆さんです。
今日が手芸講習を開催し800回目となる、陸前高田市小友町の西下団地でした。岩手日報社と河北新報社、そして地元の東海新報社の取材を受けました。最後に記念写真を写しました。
800回目の記念手芸講習ですので、今年の3月まで指導していたスタッフも参加者にお会いするために参加してくれました。
今日の作る手芸品は、吊るし雛の金魚です。すでに準備作業で型に布を裁断し、それを縫い合わせる作業です。月1回開催する手芸講習では、毎回完成する喜びを持って頂くために、準備作業が大変ですが、それだけに参加者からは喜んで頂いております。

2016年8月11日木曜日

8月6日(土)陸前高田市の高田松原現場見学会(主催:岩手県沿岸広域振興局)へ参加して来ました(岩城)。
高田松原は、明治時代に日本百選に選ばれたのを始め、国指定文化財、都市公園、日本の名松百選、森林浴の森百選、白砂松百選、海と緑の健康地域、日本の渚百選などの指定や選定を受けていました(資料による)。
平成23年3月11日の東日本大震災に伴う大津波により、甚大な被害を受け、7万本の松も堤防,s砂浜もなくなってしまいました。
その復旧工事が平成31年度完成を目指して、現在工事が行われておりました。
◆最初は、12.5メートルの高さの第2線提の上で説明を受け、記念写真を写しました。
写真は12.5メートルの第2線提への上りスロープです。
◆次は、第2線提と第1線提の間、約100メートルの幅、約12haの内8haへ、平成29年度から松を植える(黒松約6割、赤松約4割)、松裁木は5000本/ha(計4万本)のようです。
◆第1線提から海側に約30~60メートル幅で、砂浜をつくる工事でした。一部砂を入れ、被災前のように懐かしい波が打ち寄せていました。写真の人影は見学者です。
◆移動途中にバスの中から写したユースホステルと1本松の写真です。
◆気仙川の水門
最後は、気仙川の水門(延長211m)です。現在気仙町側が完成し、今度は松原側の工事に入るようです。鮭の遡上の季節が間もなくやってくるので支障のないよう対応するそうです。

以上いずれも大工事でした。工事中は見られない場所ですので、感心しながら見学して来ました。それだけに完成後を楽しみにしています。復興工事を直接見ることが出来、9月1日付発行の復興ニュースの一部へ記事にしたいと思って帰って来ました。